第14回決勝大会


7名のファイナリストらによる熱きプレゼンバトル!!

1次から3次までの厳しい審査を突破した7企画の企画者が、
書籍化をかけて熱いプレゼンテーションを行います。

審査員は、すべて現役の編集者と書店員。
”この企画が本当に売れると思ってる?”
プロだからこそ、厳しい視点からの質問も飛んできます。

決勝大会の場は、オファー獲得の場でもあります。
審査員や来場した編集者から見出された企画は、オファーを受けることができます。

大会後、オファーを獲得した企画は編集者との打ち合わせや執筆作業など、出版へ向けて動き出します。

これまでに、出版甲子園から世に送り出された本は
すでに33冊

あなたがここで目にする学生企画者は、ひょっとすると未来の
ベストセラー作家かもしれません。


決勝大会の開催意義

1、学生著者と出版社をつなぐ場をつくる

「実体験からつかんだノウハウを伝えたい」

「自分だけが知っているこの面白さを知ってほしい」

「現状を広めることで何かを変えたい」

そんな熱い思いを持った学生と編集者の架け橋となり、

学生が「出版」という形で思いを発信する手助けをする。

2、来場者が出版文化に興味を持つきっかけをつくる

同年代の学生の出版にかける情熱に触れて、

自分も何かを発信したいと思ってもらい、

その手段として「出版」があることを知ってもらう。

また、出版に関する様々なコンテンツを企画し、本という媒体の魅力を発信する。

3 大会で得た新たな視点を企画に反映する

企画者が編集者、書店員、来場者、そして同じ学生出版を夢見る仲間から刺激を受け、より良い企画を作ることができるような場を提供する。


今年の決勝大会は…?

第14回出版甲子園決勝大会が開催決定!!

今年も、御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンターにて開催します。

気になる今年のゲストは、
累計64万部を超える『超一流の雑談力』の他

『英語はインド式で学べ!』『一流役員が実践している仕事の哲学』などのベストセラー著者の安田正さん!
IMG_6223IMG_6237IMG_6231


大会内ミニイベントでは、ゲストによるトークショーも行われます。

学生とプロの編集者が本気でぶつかる決勝大会。
白熱するバトルを臨場感たっぷりでお届けします。

皆様のご来場、お待ちしております!!


今年の決勝大会の観覧予約は10/1~です!