出版甲子園実行委員長の言葉


2020年という、日本が世界で一番熱狂する年がやってきました。
そのような中、全国に290万人いるとされている大学生はこの瞬間をどう過ごしているでしょうか。

もちろん自分のやりたいことに打ち込んだり、特技を伸ばしたり、と学生生活を謳歌している人も多いでしょう。

しかし一方では、貧困に喘いだり、将来への不安を感じたり、「オリンピック不況」に震えていたりする人もいると思います。

全国には、さまざまな思いを持った学生たちがいます。
ですが、彼ら彼女らの声は果たしてどれほどまで世間に届いているでしょうか。

世間が盛り上がるからこそ埋もれてしまう声もある。
私たち出版甲子園は、そんな学生たちの声を「本」の力で世に発信することを目指し、日々活動をしています。

学生の力を、そして本の力を信じて、新しい時代に立ち向かっていきます。

最後になりますが、この2020年という時代の節目でこの団体の代表をさせていただけることを光栄に思います。
第16回出版甲子園をどうぞよろしくお願いいたします。

第16回出版甲子園実行委員会代表 藤田陽平