出版甲子園実行委員長の言葉


出版甲子園実行委員会は今年で16年目をむかえ、
出版甲子園発で出版された書籍は全部で37冊にのぼります。(2019/06/25現在)

この15年間、出版甲子園の開催し続けられておりますのは、企画を応募してくださる学生の皆様、編集者の皆様、ご協力いただいている企業の皆様をはじめとした、お世話になっているすべての方々のおかげです。
この場をお借りして改めて感謝申し上げます。

「自分の知識や経験を、たくさんの人と共有したい。」
出版甲子園での活動を通して、企画者の皆様の熱い思いに触れ、心を動かされることが何度もありました。

学生が学生著者の誕生をサポートする、という活動を行っている唯一の団体として、
出来るだけ多くの企画を、書籍化実現まで精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。

また、第14回は第13回をさらにパワーアップさせようと取り組んで参りました。
第15回ではその反省を踏まえ、初心を忘れずに、一つ一つの活動に取り組んで参ります。

今年も、学生らしさを忘れずに出版業界に貢献できるよう、団体一丸となって出版甲子園を盛り上げていきたいと思います。
第15回出版甲子園をどうぞよろしくお願いいたします。

第15回出版甲子園実行委員長 石井七海