決勝大会とは


10名のファイナリストらによる熱きプレゼンバトル!!

1次から3次までの厳しい審査を突破した10企画の企画者が、
書籍化をかけて熱いプレゼンテーションを行います。

あなたがここで目にする学生企画者は、ひょっとすると未来の
ベストセラー作家かもしれません。

 

 

決勝大会の開催意義

1、学生著者と出版社をつなぐ場をつくる

「実体験からつかんだノウハウを伝えたい」

「自分だけが知っているこの面白さを知ってほしい」

「現状を広めることで何かを変えたい」

そんな熱い思いを持った学生と編集者の架け橋となり、学生が「出版」という形で思いを発信する手助けをする。

2、来場者が出版文化に興味を持つきっかけをつくる

同年代の学生の出版にかける情熱に触れて、自分も何かを発信したいと思ってもらい、その手段として「出版」があることを知ってもらう。

また、出版に関する様々なコンテンツを企画し、本という媒体の魅力を発信する。

3、大会で得た新たな視点を企画に反映する

企画者が編集者、書店員、来場者、そして同じ学生出版を夢見る仲間から刺激を受け、より良い企画を作ることができるような場を提供する。

 

 

開催概要

・日時

2016年11月20日(日)

・会場

東京・代々木
国立オリンピック記念青少年総合センター
カルチャー棟小ホール

・アクセス

小田急小田原線「参宮橋」駅より徒歩7分
東京メトロ千代田線「代々木公園」駅より徒歩10分