第14回決勝大会レポート


2018年12月2日。

第14回出版甲子園決勝大会が、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで行われました!

三度に渡る厳しい審査を勝ち抜いた7企画の企画者による、熱いプレゼンバトルの模様をレポートします!

今年の決勝大会のテーマは「Book for the Future」

出版業界の「未来」に一石を投じるような本は生まれるでしょうか!

 

また、今大会のゲストは累計64万部を超える『超一流の雑談力』や今年5月に発売の『できる人は必ず持っている一流の気配り力』の著者である安田正さん!

 

ベストセラー著者の視点から企画の審査をしていただいたほか、トークショーもしていただきました。

 

では早速大会の模様をお伝えしましょう!

今年の大会も前半と後半に分かれて行われました。

プレゼンは5分間。そのあと編集者や書店員からなる総勢15名の審査員から質問があります。

大学生だからといって手加減はなし!本気の質疑応答は見ものです!

まずは前半戦!

 

《前半戦》

エントリーNo.1 杉田抱僕さんの「短歌の歩き方」

 

今までの「作るための短歌入門書」とは違う、短歌の基本や歴史、短歌特有の世界などをまとめた短歌のガイドブック!

いま短歌がアツいということをプレゼンで強く語っていただきました!

S__23732236

 

 

 

 

 

 

エントリーNo.2 アンザイさんの「食品ロスにさよならを〜大学生料理研究家が考えるロスレシピ〜」

 

まだ食べられるのに廃棄されてしまう食品「ロス食材」を使ったレシピ本!

「大根のツマ」や「ブロッコリーの茎」などの、家庭で捨ててしまうような食材も美味しい料理になるのだと語ってくれました!

S__23732230

エントリーNo.3 梅野香さんの「ゆるゆるお着物ライフことはじめ〜気軽&手軽に楽しむ普段着きもの〜」

 

洋服よりもお手頃に楽しめる「普段着着物」を提案する企画!

実際に着物を着てのプレゼンで、着物の魅力を伝えてくれました!

S__23732231

エントリーNo.4 森風美さんの「Beginner’s『ぷちキャン』Style BOOK」

キャンプ歴=年齢のキャンプを愛しキャンプに愛された女子大生がキャリー片手に徒歩で行ける「ぷちキャン」を提案する企画!

キャンプの新しい形を語ってくれました!

S__23732232

《後半戦》

エントリーNo.5 茂木響平さんの「平成珍サークル列伝」

 

大学のお水飲み比べサークルの代表でもある企画者が、全国の「変な」サークルを紹介する企画!

ユーモアと熱意に溢れた全国のサークルを語ってくれました!

S__23732233

エントリーNo.6 谷政一郎さんの「ナンプレ・数独しか知らないあなたに〜東大生流!パズルが100倍楽しくなる方法」

 

東大生で、現役パズル作家の企画者が、イチオシの面白いパズルを紹介する企画!

溌剌としたプレゼンで観客を虜にしてくれました!

S__23732234

エントリーNo.7 小島佑依里さんの「『こどもの本音』がわかれば子育ては楽になる」

 

女子大生シッターの企画者が、よりこどもに近い視点で「こどもの本音」を紹介する企画!

こどもと親御さんの間の年齢の企画者によるプレゼンは非常に説得力がありました!

S__23732235

 

7企画全てのプレゼンが終了し、審査員とお客さんによる投票が行われました。

 

《トークショー》

結果発表の前にゲストの安田正さんによるトークショーが行われました。

実際に使える話し方について、映像を交えながら語ってくださいました。

 

《結果発表》

審査員と観客の投票によって決まるグランプリ、準グランプリ、そしてゲストの安田さんから贈られるゲスト賞の発表です。

 

まずは、ゲスト賞の発表。

選ばれたのは…

 

エントリーNo.4 森風美さんの「Beginner’s『ぷちキャン』Style BOOK」

でした!

 

続いて準グランプリの発表。

選ばれたのは、

エントリーNo.4 森風美さんの「Beginner’s『ぷちキャン』Style BOOK」

でした!

なんとゲスト賞とのダブル受賞です!!

S__23732238

 

そして栄えあるグランプリは…

 

エントリーNo.6 谷政一郎さんの「ナンプレ・数独しか知らないあなたに〜東大生流!パズルが100倍楽しくなる方法」

 

に決まりました!!!

S__23732239

 

熱いプレゼンバトルを繰り広げた7人の企画者さんに大きな拍手を!!

そして、ダブル受賞の森さん、そしてグランプリの谷さん、受賞おめでとうございます!!!!

 

以上で第14回出版甲子園決勝大会のレポートを終わります。

今大会のテーマは「Book for the Future」

彼らの想いが本という形で世に出され、未来に残り続ける。素敵ですね。

S__23732240

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回大会は節目の年となる15回目。さらに元号が変わって初めての大会となります。

果たしてどんな企画が登場するのでしょうか。

また節目ということもあって何か素敵なイベントはあるのでしょうか!

乞うご期待!!!